1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
広告批評を読まなくなった
今更だけど、1年前、2007年2月号依頼、
「広告批評」読んでない。

それまでは、クリエイティブということに興味を持ち始めた時、
4〜5年前から、毎月必ず読んでいたけれど、
まったくというか、全然読まなくなった。

広告批評は、CMや映像系の話が多いからということもあるけど、
この1年で、ほとんどデザインに関する本を読まなくなった。

たぶん、自分の中でクリエイティブというものに、
正直、幻滅しているということもあると思う。

想像している世界と、実際の世界、2つの世界の差を感じてしまったからかな。

今、一応は、WEBの世界に居るということになっているけども、
所詮、WEBはWEBでしかない。
代理店や企業の担当者にとっては、WEBは他の広告の補完でしかないのだから。

WEBサイトで有名になっているものは、ほとんどCM広告などと同じADが監修したり、
最初からWEBありきでの動きになっているものがほとんどだと思う。

ほんの一握りでしかないと思う。

CMやDTPに比べると、WEBはそれこそ数多くのサイトがあるけれど、
それらが、どれだけ広告として生きているのかは、まったく別物だと思う。

まあ「WebDesining」「WebCreators」、
ここ数年、まったく読んでいない自分が言うのはおかしいけれど。

これだけは、言えるのは、世の中、
有名な企業のサイトだからと言っても、そんなにたいしたことは無いし、
広告代理店と仕事しているからと言って、たいしたことはしていないということかな。

まあ、正直なところ、
重要なプロジェクトや案件は、各代理店の制作部門やクリエイティブ部門で請け負って、
それ以外のたいしたことない案件が、各制作会社に落ちてくるという構造なんだけどね。

それこそ、世界一の企業であっても同じことさ。
| soe | ART & AD | 01:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:15 | - | - |









http://soesoe.jugem.cc/trackback/607


このページの先頭へ