1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
凸凹デイズ (文春文庫 や 42-1)
評価:
山本 幸久
文藝春秋
¥ 610
(2009-02)
Amazonランキング: 86438位
仕事、デザイン関係なの?なら、笑って泣けるよ。

正直、泣きそうでした。
昔、WEBデザイナを目指していただけあって、
主人公達に共感、羨望、嫉妬、もうテンコモリの感情移入しまくりです。
凪海(なみ)はたった3人のデザイン事務所「凹組(ぼこぐみ)」で働く新米デザイナー。スーパーのチラシやエロ雑誌のレイアウトをこなす毎日に事務所始まって以来のチャンスが舞い込んだ。老舗遊園地のリニューアルデザインのコンペ――ところが経営陣の思いつきで事態は意外な方向へ。書き下ろし短編「凸凹ホリデー」を収録

立ち読みはコチラから:http://www.bunshun.co.jp/tachiyomi/index2.htm
正直、頭の中で物語りが具体的にイメージできすぎです(w
映画化したいぐらい。

これぐらい熱中できなきゃ、DTPの仕事なんてやってられないのはホントだと思う。
WEBがデザインだけで生きていけなくなった分、
DTP業界は、これからもこんな熱い人たちが多いのかなぁ。

凹組の名前の由来もステキだったけど、ホントにステキなのは、物語の結末。
ちょっと、きっかけが強引だったのは、お約束ってことで。

男女だからといって、恋愛じゃない、仕事仲間。
でも、仲間だから、泣き笑う。ほんとの意味での仲間の物語です。

ただ、自分が大人になったのか、ココロが腐っていったのか、
最終的に自分はこういう立場なんだって思ったのは、横井であり、
「凸凹ホリデー」の主役である、代理店営業である磐井田なんだけどね・・・Orz

幸せになるけど、暗くもなる、自分にとっては、裏表の本でした。

オレも、磐井田みたいに、始めようかなぁ・・・



JUGEMテーマ:読書
| soe | BOOKS | 12:44 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:44 | - | - |
こんにちは。
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
| 藍色 | 2009/09/24 11:16 AM |










http://soesoe.jugem.cc/trackback/729
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/24 10:44 AM |


このページの先頭へ